風邪には予防と早めの手当を

立春が過ぎて暦の上では春ですが、寒さは今が本番の季節ですね😂

空気の乾燥や寒さ、人からの感染など環境によるところもありますが、疲れや体力の低下によっても風邪をひきやすくなります

自律神経を整え、免疫力を高める足もみをして風邪をひきにくい体をめざしませんか

足全体を毎日もんでおくことが大切ですが、特に普段から足首、足の甲をもんでおきましょう。

足首(くるぶしあたり)には上半身・下半身のリンパ、足の甲(足の甲の指と指の間、付け根の部分)には胸部のリンパの反射区があります。

胸部のリンパ腺、のど・器官

下半身のリンパ腺

上半身のリンパ腺

普段からもんでおくと予防にもなりますし、かかったかな?という段階では早めの回復に効果が期待できます

早めの手当としては、やっぱり足全体もむのですが、特に扁桃腺、のど・気管、肺と気管支、鼻・副鼻腔、横隔膜、そして土踏まず全体(胃や腸など消化器系の反射区があります)をもみます。

それから、

・外出から帰ったらうがい・手洗い
・部屋を乾燥させない(湿度50~60%に保つ)
・十分な睡眠と栄養
・なるべく人ごみを避ける、

など基本的な対策も大切ですね