新陳代謝と血液~続き

”血液力”を高めましょう。

細胞に新陳代謝の材料となる酸素や栄養を届け、細胞が排出した二酸化炭素や老廃物を回収するのが血液の役目です。

l_132

でも、その血液が身体の隅々まで届きにくくなる、つまり血流が悪くなると血液がしっかりと働けなくなります。

すると、、、身体に現れる症状として肌や髪、爪のトラブル、そして肥満など、
見えない症状では冷えや肩こり、腰痛、イライラなのど不調が現れたりする、と言われています。

質の良い材料を持った「血液」と、それがスムーズに運ばれる「血流」、これに弾力のある詰りの無い血管を合わせて”血液力”、と呼びこれが私たちの健康や見た目にまで影響しているそうです。

質の良い材料を持った血液とは・・・血液の濃度と質のバランスがよい。
血液は、赤血球・白血球・血小板のほか、血中脂質(コレステロールや中性脂肪)・
タンパク質・血糖・ミネラル・水分などで構成されています。
このうち、特に血中脂質と血糖の量のが血液の濃度と質を左右するということで、
これらが多すぎるとよく言われる、「ドロドロ血液」ですね。
一方で、血液サラサラすぎも赤血球やヘモグロビン量などが不足して貧血の原因になるため
よくないとのこと。

この、良い血液と健康な血管を保つには、やはり良い食生活と適度な運動ではないでしょうか 😀

続く 😉