足は第二の心臓

「足は第二の心臓」ってよく聞きますが、なぜ?と今まで深く考えたことがありませんでした。皆さんはご存知ですしたか?
血液は、心臓のポンプの働きで動脈に送り出されて身体の末端の毛細血管まで流れていきます。そして毛細血管まで行った血液が老廃物や二酸化炭素を細胞から受け取って心臓まで戻らなければなりません。どうやって戻るのでしょうか?
血液自身の力で体中を動くことはできません。末端部分では心臓の圧力はほぼゼロです。
特に心臓から一番遠い場所にある足の血液は引力にも逆らって心臓に戻らなければなりません。この時、足、ふくらはぎの筋肉が伸びたり縮んだりする運動が血液を心臓に戻す力となるんです。
これは心臓がポンプの働きをするのと同じ原理で、足の筋肉がポンプの役割を果たして血液の循環を促し心臓の働きをサポートしています。だから第二の心臓なんですね。
lgi01a201309240800