血行をよくします②

血管には大きく分けると動脈、静脈と毛細血管がありますよね。
動脈は酸素と栄養を運び、静脈は老廃物を運び、そして毛細血管は動脈が運んできたものを身体の隅々の細胞に渡し、老廃物を静脈に運ぶ働きをしています。
身体の細胞すべてにきちんと酸素と栄養が届き、そこから老廃物がきちんと運び出されて体外に出されることで健康を保つことができるのですが、老廃物が溜まってこの流れが悪くなると細胞や器官、臓器などに様々な障害が起こります。

この老廃物は地球の引力の作用で足にたまりやすくなります。また足に負担のある靴の影響や運動不足なども足にたまりやすくなる原因になっています。

足をもんで刺激を与えることで足にたまった老廃物は、リンパ管や毛細静脈に取り込まれ、肝臓や腎臓での様々な処理を経て最終的に尿として体外へ排出されます。

心臓から一番遠い場所にある足にたまった老廃物が取り除かれることで全身の血行がよくなっていきます。
血行が良くなると、肩こりや腰痛など様々な不調を改善するだけでなく、人が本来持っている免疫力や自然治癒力のアップも期待できます。

slide01

お部屋の掃除と同じでやっぱり不要なものは捨てないと。「いつか使うだろう」、、、は無いのです。