足裏には全身が投影されています

体の各部位や臓器とつながっていて、その反応が表れるの部分が「反射区」ですが、特に足裏には人の体が丸ごと反射投影されていると考えられています。
目に見える線があるわけではないですが、反射区を刺激すると間接的に対応する器官に働きかけることができて、機能を正常にしたりします。
例えば「胃」の反射区を刺激すると、「胃」が活発に動き出したりするのです。

すごいと思いませんか!