日射病と熱中症

近畿地方も梅雨が明け、夏本番になってきました。天気が良いと暑いにも関わらずつ炎天下をジョギングしたくなるのは変でしょうか・・・

昔、子供の頃は「日射病」に気をつけなさい、と言われていた記憶がありますが、今は熱中症に気を付けましょう、と言います。何が違うのでしょうか?

日射病は強い直射日光をに長時間あたることで発生する病気。
大量の汗をかいて脱水症状となり、体温調節中枢の機能が低下し、倦怠、悪心、頭痛、めまい、意識障害、けいれんなどの症状がでます。

熱中症は高温や多湿の環境下で起こる身体の障害の総称だそうです。
症状としては、発汗による脱水と、血管の拡張で血圧が下がり、めまい、失神などを起こす「熱失神」。
大量の発汗により、塩分やミネラルが不足し、筋肉のけいれんを起こす「熱けいれん」。
多量の発汗に水分や塩分の補給が追いつかず、脱水症状となった時に発生する「熱疲労」。
体温調節機能が失われることによって起こる「熱射病」があります。

日射病の予防には、帽子を被ったり首にタオルを巻くなど、直射日光に当たらないようにすること。
熱中症(熱射病)の予防には、ご存じのとおりこまめな水分補給ですが、水分だけを補給し、塩分やミネラルが不足した状態では熱中症になるため、塩分を含んだ飴を舐めたり、スポーツドリンクなどを飲むことが必要ですね。