秋は乾燥に注意

暑さも徐々にやわらいで朝晩涼しくなってきました。

空もだんだんと秋っぽくなりましたね。

暑がりの私はもうエアコンなしで夜も寝られるようになり、ほっとしています。

でも、この気持ちの良いの季節でも体調を崩す要因が潜んでいますので注意です。

東洋医学の陰陽五行学説では、秋は空気が乾燥しやすい時期なので「燥」の季節にあたり、「燥邪」の影響を受けやすくなります。燥邪の影響を一番受けやすい臓器は「肺」。

肺は、鼻やのど、気管支などとつながっているため、特に「肺」を中心とする呼吸器系の不調に注意が必要です。

その他、秋にあたる「大腸」や「皮膚」なども「燥邪」の影響を受けやすくなるので不調のサインに注意です。

特に秋には辛味のある食物(しょうが、ネギなど)や白いもの(大根や白菜など)、肌に良い食材(鳥の手羽先やはちみつ、ゴマなど)を意識して摂るなどしてはいかがでしょうか。